請求書簡易作成方法(ハイブリッドめーる電子内容証明に対応)

請求書の発行が一番手間がかかり嫌いなので考え付きました

用意するものは、作成原本用としてサンプル充実MicrosoftWorksと送付原本としてMicrosoftWord

1.Workのサンプル書式から請求書を選択して項目を埋める

2.表計算領域を範囲指定してコピー

3.Wordへ貼り付け

4.貼り付けデータ内部をダブルクリックして、切り取り

5.貼り付けデータの外をクリックして貼り付けデータをドラッグして右下へ移動

6.左上へ貼り付け、元の貼り付けデータを削除

7.整形加工して終了

この方法だと、ハイブリッドめーる用にアクロバットを購入する必要が無い、そのまま電子内容証明に使用できる

作成の手間はMS-Worksが一番簡単に感じています、個人差はあるとは思いますが

ちなみに他社別売のサンプル集もなかなか種類が多いが、元々付属ので十分です、買ってから不要とわかります

Works 4.0、Word 97でのみ動作確認しています。


あるあるインターネット・ホームページへ戻る


Valid XHTML 1.1

正当なCSSです!