ISDNダイアルアップルータでリモートアクセスサーバ(RAS)設定方法

対象機種:MN-128SOHO,MT128NET/D

#0から#15のうちダイアルアップ設定していないページを選択

相手先電話番号、送信ID・パスワードは入力しない

相手先名称はRAS設定名を任意に設定

相手先からの着信を許可

受信ユーザID・パスワードを任意に設定

IP設定

リモートアクセスサーバ機能をON

リモートIPアドレスにIPアドレスを2個設定

例:

>本装置のIPとサブネットが192.168.0.1/24、

>DHCP-IPと個数が192.168.0.2/8、

>ローカルアクセスサーバ(LAS)割り当てIPが192.168.0.10、

>の場合

>空いている11から254までのうちで設定しますので

>間にスペースを入れて

>192.168.0.101 192.168.0.102

>などとします

注意:0はグループの総、255は増設用予約です、詳しくは関連書籍等で習得してください

ダイアルアップ側の設定は、通常の通りです。

注意点としては、IPの3桁目を変えた方がわかりやすいのとIP衝突や

ルータの安定稼動の面で有利になりますので、お勧めします。

その他の注意事項としては、モデムからの受信は回路が無いので無理

その場合はモデムとWindowsNT等のRASのセットで設定してください


あるあるインターネット・ホームページへ戻る


Valid XHTML 1.1

正当なCSSです!