Javaお勉強日記

4月23日

以前から購入してある VisualCafe を、使わなくてはと思いつつ

一度、いじっただけだったので、今度は。

まず、参考書を、ペラペラとめくって、エディタで入力でもしてみよう

が、しかし。色々と試したが。なかなかみつからなかった。

やっと、ファイル−新規でエディタが出てきた。

参考書の通り打ち込み、保存してみたら。

ファイル名は、拡張子が java だったので、これで一安心。

ブラウザで実行。やったー。で、今度は html 文書からの

引数をもらってのサンプルに挑戦。

VisualPage でサンプルの html を作成、オブジェクトの出力先を

ホームページと同じにしてみる。

プロジェクトの設定にディレクトリの設定のなかに出力先ディレクトリがあり

ホームページと同じ場所に変更してやってみました。

これまた、うまく動いた。自分の English ページに出力された class ファイル

と、html 文書をアップしてみた。動いているジャン。

で、今日は、他のマシンから、動作チェックをしておしまいにしよう。

4月24日

他のマシンからのチェックはOKでした。

理由が分からない。前回は、ライブラリを大量に落したら初めて動いたような気が。

まあ、そのうちにわかるでしょう。

参考書と動きが異なるところが出てきた。

string型 = string型 + int型

の式で int が string に自動変換されるように記載されているのですが

実行させると、エラーにはならないのですが、無視された動きになるのです。

なぜでしょうか。まぁ、これも、後回しにするか。

あら、この参考書、この後ずっと、そこんとこを使っているぞー。困った。

んー、しかも、あとは、こねくり・パッケージ・オブジェクト指向とかで

終わっちゃった、この本。あらら。

4月25日

さて、しょうがない、続きをやりますか。

また、だめ。今日はここまで。

4月26日

次のステップへ進みました。スムーススクロール文字まで完成。

ただし、開発機のネスケ3が実行が始まらなくなってしまった。

他機のネスケ3、VisualCafe、VisualPage、は問題なく開始されているのだが。

他機のIEで確認を取ってOKなら、この問題も後回しにしよう。

アップすれば動くかも。

4月27日

ネスケ3は先読みソフトをはずしたら動いた。アップ後も問題なし。やれやれ。

今日はちょっと休憩して JavaScript を使って複数イベントからの Java コールで遊びました

結果は、同一のページないではタグの関係上 document.write では単一簡易関数では不可能

タグが呼び出し側ごとに異なる場合は無理っぽい。

後日、他の方法で試してみるか、あきらめましょう。


あるあるインターネット・ホームページへ戻る


Valid XHTML 1.1

正当なCSSです!