Windows2000, XP用が終了しなくなった

突然、Windows2k,XPが終了しなくなった。再現性100%そんなときに利用してください。

原因の一例、ある特定サービスAが起動障害が発生していて、その特定サービスを

利用する別のサービスBが依存しているサービスAを待っていて、起動が完了していない

為、OSからの終了要求を受け付けが機能できない、サービスBの製造責任だと思うが、

あまりにも重要かつ有名なので、今回該当した会社や製品名を公表は出来ません。

パソコン終了手順。タスクマネージャ編

タスクバーで右クリックメニューを出す、またはCTRL+ALT+DELでメニューを出す

タスクマネージャーを選択

プロセスというタブを選択

PIDと書かれた列タイトルをクリック

PIDが千以上のプロセスを全て終了

以上

※もし終了しないものがある場合はWindowsシステムなので無視してよい

※この手順でWindowsが終了出来ないときは、続きの「サービス編」へ続く

----------------------------------------------------------------------------

パソコン終了手順。サービス編

コントロールパネル→管理ツール→サービス

「状態」という列タイトルをクリック

状態が開始になっているサービスを全て停止

停止方法は右クリックメニューまたはメニューの操作から

※「別のサービスも停止します」と質問されたら、はい

※「停止できません」と言われたらWindowsが使っているサービスなので無視してよい

以上、タスクマネージャ編と合わせてご利用ください

----------------------------------------------------------------------------

パソコン終了手順。スタートアップさせない編

:=起動障害を起こしていると思われる対象を

起動リストから外すことでパソコン終了を成功させます。

スタートアップを止める

マイコンピューター→OSインストール先ドライブ(通常はC:)→Documents and Settings

→現在ログインしているユーザー(判らない場合はスタートのところで右クリックメニューから

エクスプローラー)→スタート メニュー→プログラム→スタートアップ

および、→All Users→スタート メニュー→プログラム→スタートアップ

※もしWinNTの頃の英語版のアプリケーションソフトをインストールしていた場合、はstartupも

に入っている全部を、新規フォルダを同一の段(レベル、フォルダ、ディレクトリ、ツリー)に

作り名前を「スタートアップしない」として作成後、そこへ移す

レジストリ内に書かれたスタートアップを止める

スタート→ファイル名を指定して実行(DOS窓でも同じく可能)→regedit→

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\

の下にある、run,runOnce,runOnceEx内部の(標準)は残して全てを、

前記「スタートアップしない」フォルダーへ移動させます

※runOnce,runOnceExは項目が残っていない場合がほとんどです、

その理由はインストーラーがサービス追加後インストールを続けるなど

再起動をまたぐ必要がある時に使われる場所なので。

移動手順は、(標準)を除いた項目をダブルクリックして、値のデータをコピー

「スタートアップしない」フォルダーに新規ショートカットを作成

(エクスプローラーなどで該当範囲にて右クリックメニュー→新規作成→ショートカット)

値の場所を入力してくださいに貼り付け、次へ、ショートカットの名前を入力してください

に製品名やアプリ名から識別用命名するか「元run001」などと連番名を入力します

必要なら、プロパイティからアイコンを変更して視覚的に区別させてください

その後、元のrun側にあった項目を削除します。これを全項目移す作業をします。

サービスを止める

コントロールパネル経由で(管理等に隠れている場合も)サービスを出して

OSの基本機能ではない全てを無効へ変更する。

----------------------------------------------------------------------------

全ての設定が適切に行われているのかを確認する方法

および、起動障害の確認方法

無起動に設定しすぎて起動時に必要なサービスやアプリケーションが

上がっているか起動障害を起こしているかなどの確認方法は、

コントロールパネル経由で(管理等に隠れている場合も)イベント ビューア

を出して、その内容を比較してください。


あるあるインターネット・ホームページへ戻る


Valid XHTML 1.1

正当なCSSです!