「XML/SGML入門」セミナー受講レポート1999/08/03

SGMLとの比較

メタ言語としては同一である

SGMLが紙ベースであり仕様書が600ページに対してXMLはWebベースで30ページの仕様書

SGMLは普及障害がたくさんあったが、XMLはMS,Oracleをはじめ各社から注目されている

SGMLはISOが制定、XMLはW3Cが制定中

XMLは終了タグの省略が出来ない

XMLにDTDが必須ではない

HTMLとの比較

HTMLではデータ構造を記述できないがXMLは可能

XMLを表示するには、スタイルシートを必要とし、HTMLへ変換される

XML文書はDTD定義の無い、ゆるやかなタイプ(ウェルフォームド)が用意されている

XML構造表現

文書等を要素に分け、それらの要素同士の関係を記述する

木構造で階層を含む関係を表現する

タグ

階層表現はHTMLと同様で入れ子で表現する

属性の記述は開始タグに記述する。<要素名 属性名="属性値">

属性は表示情報を含む処理情報を記述しない

エンティティは置換。&エンティティ名;

ウェルフォームドXMLで用意されているエンティティは5種類ある。<>'"&

その他XML関連

XMLがHTMLに取って代わることは無い

現時点でXMLの表示可能なのはMS-IE5のみ

DTD等の記述は実際にはWord等のエディタで記述されていることが多い

XMLのリンク規格・スタイル規格は現在審議中で未確定である

インフォテリア社では、ノーツ上のデータをXMLに吐き出すツールを作成している


「XMLのDTD入門」セミナー受講レポート1999/08/04

DTDとは

文書のデェファインである

同一のDTDを介して文書交換が可能

検証済みXMLはDTDとXMLインスタンスからなる

DTD文法の基礎

宣言は3種、要素型・属性リスト・エンティティ(一般とパラメータ)

<!ELEMENT 要素名 内容モデル> 内容モデル内に子または型・順序・回数を指定できる

型は2種類、#PCDATAとEMPTY

順序は2種類、,と|

回数は4種類、無指定と?+*

<!ATTLIST 要素名 属性名 属性値 "省略時値"> 属性値の指定は2種類、列挙型・データ型

<!ENTITY エンティティ名 "一般置換文字列">

<!ENTITY % エンティティ名 "パラメータ置換文字列">

XMLインスタンスからDTDの指定は<!DOCTYPE ルート要素名 SYSTEM "ファイル名">

DTD作成ステップ

文書の分類、要素分類、グループ化、木構造表記、DTD記述、DTD利用マニュアル作成


XMLの「DTD作成演習�」受講レポート1999/08/17

DTDの実際の作り方

モジュール化して作る

ドライバ、階層構造モジュール、共通モジュール、情報プールの4つに分割

DTD作成演習

階層モジュールを活用して宣言や定義を作り込んでゆく

複数(演習では2個)のDTDが出来たところで共通とプールを作る

新規(3個目)のDTD作成時に共通とプールを使ったり、追加修正をして、最小限で新規DTDを作成

感想:既にDTDの入門で作成方法を学習済みで、職業がらモジュール化等の実務レベルの演習は不要。

前回セミナーの復習には十分なりました。

Aug.1999 Add

Microsoft XML NotePad Download site

Microsoft ダウンロードセンター


あるあるインターネット・ホームページへ戻る


Valid XHTML 1.1

正当なCSSです!